読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Worldhopper's diary

海外居住を目指し続けるアラサーの覚書

運転免許切り替え珍道中

どうも、先日友人から聞き焦って運転免許の切り替え作業を始めました。

 

今後ドイツでワーホリを考えてる人に届くかどうかわからない、ただの一般人のしがないブログですが、非常にめんどくさい(おそらく私が今までやった免許切り替えで一番理にかなわない)のでここで発表しておこうと思います。

 

まず、ドイツのこの書面系手続きの何がウザいって。

州によっても都市によってもその時の係の人によっても違うのです。そして、規則が変わる変わる。毎年。

いくらブログで調べても、自分の住んでない土地の情報はある程度役に立っても、役に立たないこともある。

 

なので、この情報も意外と役に立たないかもしれないが、いろいろ学んだことがある!

 

その1。書類関係のことは意外と最寄りの領事館でやってくれる。

実際、私の住んでいるハイデルベルグは実はミュンヘンの管轄。

運転免許の翻訳15ユーロのために私の貴重な往復六時間プラス交通費なんぞかけてられるかよ。

最寄りのフランクフルトに電話して聞いたら「それはできないことはないです。」との返事。なので、やってやったぜ。

でも、これもいつ規則が変わるかわからんので、先に電話。E.T.のごとく電話!

 

その2。免許センターの営業時間は先に調べよう。

私。調べたよ。ADAC(日本のJAF)の営業時間。だってその横にあるんだから。その建物の中にあるんだから。

朝からフランクフルト行って、その足で免許センター行ったら、入り口見つからず、オロオロしてたら、言われたよね、ADACのスタッフに。。。「本日の免許センターの営業は12:00までだよ。営業時間はドアに書いてあるから、見て帰りなさい」

f:id:megumistic:20161213233617j:image

働けよ。誰一人残業してないやん。

いや、この免許センターが都市の中心部にあれば文句は言わない。

最寄りの警察署でできるなら文句は言わない。

なんせ辺鄙中のへんぴ。完全に無駄足になるのです。。。

 

 

その3。

免許が発行されるのは入国後6ヶ月以降。

つじつまが!合わないようであっているシステム〜

免許切り替えは6ヶ月以内に行わないと、一からやり直し。

なので、皆焦る。我先にと。。。

しかし、、、発行は。

入国6ヶ月後。

その頃、その申請した都市にいない人もいるでしょう。

そう、何を隠そうこの私。2月にはDüsseldorfで就職活動しようとしているのに。

もし、都市に長期滞在する場合やその6ヶ月より前にめぼしい都市に移動して、住民登録して申請すんのがいいかもな。

そうでない私のような方は。。。

故郷にプチ旅行気分で文句たれながら行きましょう!

 

Düsseldorf-Heidelberg往復ほぼ五時間... プチ旅行笑

日曜前乗りの月曜朝一ピックアップが最善ですね。