Worldhopper's diary

海外居住を目指し続けるアラサーの覚書

記念すべきシリーズ 〜プロ写真〜

みっちり、一時間、衣装も変えながら撮ってもらってきましたよ!

履歴書写真!

 

非常に素敵な元シアターフォトグラファー監修の元、数種類持って行ったH&Mで焦って買った洋服から選んでもらい。。。

 

ムッチャ髪の毛の量と唇の形を褒められた笑

そして、このちっさいお目目も、「ビューティフルアジアンブラウンアイ」と称していただきました。

唇の形を褒められるのは梅田のボビーブラウンで口紅を買ったとき以来だったね。

髪の毛の量は正直美容師さんにもうざがられているくらいなのに。。。笑

どうやら目ん玉の形は言わずもがな欧米受けするアジアンビューティーアーモンドアイだそうです。

 

写真を撮るとき、

「ここにカメラはないと思ってね! 私をあなたの面接官だと思って!」

とか、

「ジャパニーズの魂を見せて!」

とか、言われながら、非常にたくさんの

「you are so beautiful!」

をいただきまして。

そのおかげで、ドナルドトランプ級の自意識過剰になれました。笑

 

f:id:megumistic:20161203015746j:image

 

6枚の写真をプロの目で選んでもらって、CD−Rに入れてもらって100ユーロ。

ちと高かったけど、あの一時間とニキビが消されてて、なおかつ自然なお写真を撮ってもらえたので、価値ある100ユーロだと思っております。

絶対就職できそうな顔にとってくれてますし笑

そしてゴテゴテのフォトショップじゃないので髪の毛が静電気でボサ付いている笑

外人はあまりこの辺気にしないのね?!

 

そして、ドイツで出会った大変素敵なお友達に英文レジュメのネイティブチェックをしていただき。

  

リクルーターさんを大学時代の友人が紹介してくれたりと、本当にありがたいことだらけです。

 

みんなの協力を無駄にしないように、絶対に現地就職を心に誓ったWorld Hopperでした。