読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Worldhopper's diary

海外居住を目指し続けるアラサーの覚書

ドイツ&オーストリア 父娘旅行〜7日目〜

今日はミュンヘンの市街地観光!

 

バイエルンといえば、アルトバイエルンな感じもしますが、、Weißwurst&Weißbier!(白ソーセージと白ビール)を朝に食べるのが、伝統だとかなんとか。

 

いざ、白ソーセージを食すときがきた!

ガイドブックに載ってる店に到着!

 f:id:megumistic:20161031030747j:image

お湯に浸って、容器に入ってきます。

そして、微妙な甘いマスタード。

ドイツ語ではsüßer Senf.

この親子にかかれば甘すたーど。

それをお皿に取って、皮を剥いで中だけ食べる。

f:id:megumistic:20161031030825j:image

 

う、う、美味いやないか。。。

 

父ご機嫌である。

朝からビールが板につきすぎる父。

 

白ソーセージはいっつもニコイチで来るので一本づつ食したのだが、結構ハマる。

 

その後マリエン広場のカラクリ時計見学。

 f:id:megumistic:20161031030854j:image

人形はデカイのにカラクリが非常に地味。

15分くらいあるのに地上15mくらいでカラクるから、首をいため、フィナーレに至っては多少の失笑がでるという具合。

f:id:megumistic:20161031030920j:image

 

カラクリ時計見学の後、父が、

「もっぺん白ソー食べよか。」

そう、父は少し変わっているのだ。

 

大阪でも一回焼肉の後に小籠包をはしごしたことがある。

別に普通と言わんばかりの1日二回の白ソーセージはしご。

 レジデンツを眺めながら食べられる、素敵なレストランにて。

意外や意外、ソーセージ味違うし、甘すたーどの味も違う!バイエルンの食文化、奥深し

 f:id:megumistic:20161031031020j:image

 

そして、レジデンツ見学。

無駄に広い。

広すぎる。

f:id:megumistic:20161031031125j:image

 

ちょっとお腹も空いたし、バームクーヘンが有名とやらの店を目指してトラムに乗るも、ガイドブックの地図のところにはない。

 

ネットを駆使して、調べて着いた先は、、、

なんと。。。

 

トラム乗ったとこ。

 

振り出しに戻っとるやないか。。。

 

 

バームクーヘンをチョコで固めた日本にはないバージョン、意外と美味しかった!

 

そして、ニンフェンブルク城の外身だけ見学。

f:id:megumistic:20161031031219j:image

というのも、、、

限界を迎えた足を引きずる親父の

「それって何歩あるくん?」

が始まったからである。

 

白鳥と鳥に癒される。

 

もっと癒されたのは、、、

その後行ったメルセデスベンツのセールスセンター。

f:id:megumistic:20161031031249j:image

 

でっかいショールームに本物の車がミニカーのように展示されている。

ていうか、空気がきれい。

足も痛くなくなるという、ベンツからのマイナスイオン半端ねえ!!!

 f:id:megumistic:20161031031307j:image

という、ミュンヘン観光でございました!